メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私たちの金メダル物語

北陸発東京行き/6 越前和紙の賞状や招待状 五輪で広まれ、伝承技術

和紙を手に「東京五輪用として考えているものに近い和紙です」と話す石川製紙社長の石川浩さん=福井県越前市大滝町で、高橋一隆撮影

 越前和紙で東京五輪に彩りを-。そう意気込むのは、福井県内の製紙業者58社が加盟する福井県和紙工業協同組合の理事長を務める石川製紙社長の石川浩さん(55)=越前市大滝町=だ。今月にも、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に越前和紙関連商品の提案書を提出する。越前和紙を世界に売り込みたいと考えている。

 提案するのは、今年開催の福井国体でも採用されるポスター用紙をはじめ、チケット類、透かしの入った賞状…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです