メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私たちの金メダル物語

北陸発東京行き/7止 ブラジルから移住のカヌーコーチ 「諦めない精神」で奮闘

小学生を指導するペドロ・セナさん(左)=石川県小松市白江町の市立第一小で、日向梓撮影

 カヌー・スプリント競技の指導者でブラジル出身のペドロ・セナさん(43)は、2016年春にカヌー・スプリント日本代表コーチに就任したのを機に、小松市に移住した。市内には日本代表の合宿地・木場潟カヌー競技場があり、セナさんを慕って国内外の選手が訪れる。セナさんは「選手たちが日に日に強くなっていくのがうれしい。東京五輪が楽しみ」と晴れ舞台を心待ちにしている。

 カヌー・スプリントには、水かきが両端にあるパドルを使う「カヤック」と、立て膝の姿勢で水かきが一つの…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです