メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私たちの金メダル物語

北陸発東京行き/7止 ブラジルから移住のカヌーコーチ 「諦めない精神」で奮闘

小学生を指導するペドロ・セナさん(左)=石川県小松市白江町の市立第一小で、日向梓撮影

 カヌー・スプリント競技の指導者でブラジル出身のペドロ・セナさん(43)は、2016年春にカヌー・スプリント日本代表コーチに就任したのを機に、小松市に移住した。市内には日本代表の合宿地・木場潟カヌー競技場があり、セナさんを慕って国内外の選手が訪れる。セナさんは「選手たちが日に日に強くなっていくのがうれしい。東京五輪が楽しみ」と晴れ舞台を心待ちにしている。

 カヌー・スプリントには、水かきが両端にあるパドルを使う「カヤック」と、立て膝の姿勢で水かきが一つの…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 欅坂46 ナチス制服似衣装、秋元康氏ら謝罪
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです