メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ勝負の一品

選手を支えるウエア/5止 スピードスケート 「窮屈」求め二人三脚

ウレタン素材を活用したスーツを着て、深い前傾姿勢で滑る高木美=手塚耕一郎撮影

 女子短距離の小平奈緒(相沢病院)や中長距離の高木美帆(日体大助手)ら、平昌五輪でメダルラッシュが期待されるスピードスケートのレーシングスーツの肝は「窮屈さ」を追求したことにある。製作を担当したミズノの辻中克弥パターン開発課長は「従来はこちらからの提案型だったが、今回は初めて日本スケート連盟と共同開発した」。勝負着は、現場と二人三脚で作り上げた。

 大きな特徴は、伸び縮みしにくいウレタンを多く取り入れて胸部や腹部、太ももに張り付けたことだ。スーツ…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文728文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. コトバ解説 「デマ」と「ガセ」の違い
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです