メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

「五輪を語ろう」 北朝鮮の平昌参加 融和の機会、生かせるか=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 あまり関心の高くなかった平昌冬季五輪がにわかに注目を集めるようになった。全てが変わったのは、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が「新年の辞」で代表団派遣の用意があることを明らかにしてからだ。

 その後の南北の協議で、派遣する選手数は当初想定されたフィギュアスケートのペア2人から3競技10種目の計22人にまで膨らんだ。その中には、南北合同チームとなったアイスホッケー女子も含まれる。最終的には北朝鮮から何百人もの応援団が平昌を訪れることが想定される。

 これは五輪の歴史にとって重大な出来事だ。北朝鮮は1988年ソウル五輪には参加しなかった。2000年…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1066文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]