メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

フィギュアスケート男子 フリー戦術、四者四様 4回転、完成度に磨き

(上)羽生=手塚耕一郎撮影(右下)フェルナンデス=AP(左下)チェン=ゲッティ共同

 <あと14日>

 平昌五輪開幕まで26日であと2週間となった。注目が集まるフィギュアスケート男子は近年、技術が急速に進化。これまでの五輪と違った戦いが見られそうだ。勝負は羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)の日本勢と、ネーサン・チェン(米国)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が争う。4人の個性はさまざま。その違いを、各選手が今季最も高得点を出したフリー演技の内訳を比較しながら見てみよう。【福田智沙】

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1394文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです