メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

フィギュアスケート男子 フリー戦術、四者四様 4回転、完成度に磨き

(上)羽生=手塚耕一郎撮影(右下)フェルナンデス=AP(左下)チェン=ゲッティ共同

 <あと14日>

 平昌五輪開幕まで26日であと2週間となった。注目が集まるフィギュアスケート男子は近年、技術が急速に進化。これまでの五輪と違った戦いが見られそうだ。勝負は羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)の日本勢と、ネーサン・チェン(米国)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が争う。4人の個性はさまざま。その違いを、各選手が今季最も高得点を出したフリー演技の内訳を比較しながら見てみよう。【福田智沙】

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1394文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです