メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

あづま球場全面人工芝化 知事「利便性・安全性向上を」 県負担も軽減へ /福島

 2020年の東京五輪で野球とソフトボールの一部試合が開催される県営あづま球場(福島市)が、全面人工芝に張り替えられることになった。県は老朽化した設備の修繕やバリアフリー化も進め、さらに外野スタンドの座席やオーロラビジョンの設置を検討する。

 内堀雅雄知事は29日の記者会見で「コスト縮減や財源確保に取り組み、日ごろ球場を利用する県民の利便性や安全性向上につながる改修を行い…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]