メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の主役

平昌の金メダル候補/2 助走安定で大飛躍 マーレン・ルンビ=ジャンプ女子・ノルウェー

ジャンプ女子のW杯個人第8戦で優勝を決め、チームメートとハイタッチをするルンビ=山崎一輝撮影

マーレン・ルンビ(23)

 日本選手の活躍を期待した観客からため息が漏れるほど、衝撃的な大飛躍を見せた。19日、山形・蔵王でのノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人第7戦。1回目で首位に立つと、2回目は全選手の中で最も低いスタートゲートから出ながら、この回最長の100メートルを飛んだ。4位の高梨沙羅(21)=クラレ=に44・9点、飛距離に換算して約22メートルもの大差。今季の好調さを強烈に印象づけた。

 1994年冬季五輪が開かれたリレハンメルの近郊で生まれ、3歳上の兄の背中を追ってジャンプを始めた。…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文540文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです