メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季パラリンピック

アイスホッケー代表報告 西東京市職員・高橋和広さん「目標はメダル」 /東京

西東京市の丸山浩一市長(左)に報告する平昌パラリンピックのパラアイスホッケー日本代表で市職員の高橋和広選手=同市田無庁舎で

 3月9日開幕の平昌(韓国)冬季パラリンピックに、パラアイスホッケーの日本代表選手として出場する西東京市職員、高橋和広さん(39)が31日、同市田無庁舎で丸山浩一市長に代表決定を伝えた。攻撃の要であるFWの高橋選手は、丸山市長と握手し「目標はメダル」と抱負を語った。

 高橋選手は市立保谷第一小、市立青嵐(せいらん)中を卒業。大学3年だった2000年、スノーボードで着地に失敗して脊髄(せきずい)を痛め、下半身が動…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  3. アポ電強盗殺人 3容疑者、愛知や兵庫の特殊詐欺に関与か
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. 羽生、動きにキレ 「やりたかったことすべて達成」 世界フィギュア・公式練習

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです