メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

スノボ、メダル量産の期待 男子19歳、平野歩夢/女子16歳、岩渕麗楽

 <平昌五輪まで8日>

 開幕まであと8日に迫った平昌五輪で、スノーボード勢のメダル量産の期待が高まっている。1月28日まで米国で行われた世界のトップ選手が集結する賞金大会「冬季Xゲーム」では、男子スーパーパイプで、平昌のハーフパイプで金メダル獲得を狙う19歳の平野歩夢(あゆむ)=木下グループ=が高難度の4回転の空中技を連続で決めて優勝。女子ビッグエアでは、16歳の岩渕麗楽(れいら)=キララクエストク=が2位に入って、実力の高さを示した。【平本泰章】

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 健康格差 糖尿病は「自己責任」なのか 麻生財務相発言

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです