メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 9日に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪。写真の機材を抱えて平昌に到着するとボランティアがバスの案内をしてくれた。広州から来たボランティアの大学生、林池柔(イムジユ)さん(20)に北朝鮮の話を聞くと日本語で「重い(話)」と苦笑いしながらも、「未来を見て、一緒に参加することは良いこと」と笑顔を見せた。メディアバスを運転する金(キム)亨洙(ヒョンス)さん(52)は普段は済州島で運転手をしているが、五輪期間中のバス不足解消のため、島からバスを運んで来たという。「忙しくて大変だけど、仕事で五輪に関わるのは名誉なこと」と話す。

 フィギュアスケートなど氷上競技が開催される江陵(カンヌン)は五輪に合わせて整備が進められた韓国高速…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文821文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです