メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 9日に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪。写真の機材を抱えて平昌に到着するとボランティアがバスの案内をしてくれた。広州から来たボランティアの大学生、林池柔(イムジユ)さん(20)に北朝鮮の話を聞くと日本語で「重い(話)」と苦笑いしながらも、「未来を見て、一緒に参加することは良いこと」と笑顔を見せた。メディアバスを運転する金(キム)亨洙(ヒョンス)さん(52)は普段は済州島で運転手をしているが、五輪期間中のバス不足解消のため、島からバスを運んで来たという。「忙しくて大変だけど、仕事で五輪に関わるのは名誉なこと」と話す。

 フィギュアスケートなど氷上競技が開催される江陵(カンヌン)は五輪に合わせて整備が進められた韓国高速…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです