メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 9日に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪。写真の機材を抱えて平昌に到着するとボランティアがバスの案内をしてくれた。広州から来たボランティアの大学生、林池柔(イムジユ)さん(20)に北朝鮮の話を聞くと日本語で「重い(話)」と苦笑いしながらも、「未来を見て、一緒に参加することは良いこと」と笑顔を見せた。メディアバスを運転する金(キム)亨洙(ヒョンス)さん(52)は普段は済州島で運転手をしているが、五輪期間中のバス不足解消のため、島からバスを運んで来たという。「忙しくて大変だけど、仕事で五輪に関わるのは名誉なこと」と話す。

 フィギュアスケートなど氷上競技が開催される江陵(カンヌン)は五輪に合わせて整備が進められた韓国高速…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文821文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです