メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

カーリング司令塔・両角(その2止) 平昌、進化の舞台

カーリング軽井沢国際選手権決勝の第2エンド、ストーンを投げる両角友佑(左)=長野県軽井沢町の軽井沢アイスパークで2017年12月17日、宮間俊樹撮影

 

 ◆カーリング男子SC 軽井沢クラブ

高過ぎる理想追求

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪カーリング男子日本代表、SC軽井沢クラブの「司令塔」を務める両角友佑(もろずみゆうすけ)(33)の原点は、1998年2月14日にさかのぼる。

 「今日、タイブレークがあるんだっけ?」。この日、母玲子さん(58)は長野県軽井沢町立軽井沢中1年だった両角に話しかけられたことを覚えている。軽井沢開催となった長野冬季五輪のカーリング。開催国枠で出場した男子日本代表は1勝4敗から2連勝し、同順位で並んだ米国と準決勝進出をかけてタイブレークに臨むことになっていた。玲子さんは「友佑は楽しみにしている感じだったんですよ」と語るが、両角自身はいかにハウス(円)の中心近くにストーンを置くかという「点数の取り方すら知らなかった」。それでも周囲の盛り上がりに、なじみのない「タイブレーク」という言葉を口にしたのだろう。

 この日の毎日新聞東京夕刊は1面でこう伝えている。<観客席が無料開放ということもあってこの日は、大勢…

この記事は有料記事です。

残り4172文字(全文4615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです