メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

日本選手団、現地入り 132人「熱い戦いを」

平昌五輪開幕を前にチャーター機で韓国に到着し、笑顔を見せるスピードスケートの小平奈緒(左)ら=襄陽空港で2018年2月4日午後3時5分、佐々木順一撮影

 【平昌・岩壁峻、福田智沙】平昌冬季五輪の開幕を9日に控え、日本選手団の本隊が4日、現地入りした。総勢132人(選手70人、監督・コーチなど62人)が成田空港からチャーター機で、氷上競技が行われる江陵(カンヌン)に近い襄陽(ヤンヤン)空港に到着した。

 選手団主将で金メダルが期待されるスピードスケート女子の小平奈緒(なお)(相沢病院)は「五輪ではドキドキとワクワクを味わいたい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです