メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

持ち味は「スピード」 アイスホッケー女子 日光市出身・小池詩織選手 /栃木

2大会連続で五輪に出場する小池詩織選手=北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで2017年2月、宮間俊樹撮影

県庁南館 激励の懸垂幕 期待高まる

 9日に開幕する韓国・平昌冬季五輪で、県関係ではアイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」のDF小池詩織選手(24)=日光市出身=が出場する。2大会連続の五輪に挑む小池選手を応援しようと県庁には激励の懸垂幕が掲げられ、12日の試合では日光市でパブリックビューイング(PV)も予定されるなど期待が高まっている。【花野井誠、萩原桂菜】

 小池選手は旧日本リーグの古河電工でFWとして活躍した父真さん(56)の手ほどきを受けながら、小学2…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです