メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

アイスホッケー合同チーム 南北に言葉の壁 「同宿」も実現しないまま

 【ソウル米村耕一】平昌冬季五輪のアイスホッケー女子に出場する韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」が4日夜、スウェーデンとの練習試合を韓国・仁川で行い、1-3で敗れた。コリアのマリー監督は試合後の記者会見で、善戦した選手のプレーを評価しながら、南北の言語の違いによるコミュニケーション問題など、急ごしらえのチーム編成の難しさについても吐露した。

 マリー監督は「南北で言語が違うとは考えていなかった。ミーティングの際も英語から韓国語、さらに北朝鮮…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです