メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

台湾地震乗り越える力に リュージュ男子、被災地出身の連徳安

五輪リュージュ会場での練習に向かう台湾の被災地出身の連

 リュージュ男子に出場する台湾代表の連徳安(れん・とくあん)は、6日深夜に震度7の大地震が発生した台湾東部・宜蘭の出身。多くの住民が死傷した南隣の街、花蓮には母が住む。大舞台での試合を前に「自分の姿が、少しでも被災者が困難を乗り越える力になればうれしい」と古里への思いを語った。

 23歳の連は、かつて勇敢な民族として知られた先住民タイヤル族の血をひく。大地震は7日早朝に知り、平昌からすぐ花蓮…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]