メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

ゆかりの5選手に期待 きょう開幕 各地でPV予定 /岩手

スキージャンプ男子で活躍が期待される小林潤志郎選手(左端)、小林陵侑選手(右から2人目)の兄弟=フィンランド・ルカで宮間俊樹撮影

 9日開幕の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に、岩手ゆかりの日本代表5選手が臨む。県スポーツ振興課によると、冬季五輪で県内ゆかりの選手5人の代表選出は、2014年のソチ大会などの2人から3人増え、過去最多。県内では選手を激励する横断幕などが各地に掲げられ、メダル獲得など5選手の活躍への期待が高まりを見せている。【小鍜冶孝志、三瓶杜萌】

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1107文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです