メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

外国人選手への対応巡りシンポ 選手招き /栃木

五輪やパラリンピックでの経験を話す増渕倫巳選手(左)と安藤梢選手=宇都宮市本町の県総合文化センターで

 2020年東京五輪・パラリンピックで、ハンガリーのホストタウンとして登録された県は、宇都宮市本町の県総合文化センターで、「スポーツと文化で結ぶ ハンガリーととちぎ」と題してシンポジウムを開いた。同国の陸上チームが宇都宮市で予定する事前キャンプなどに向けて機運の盛り上げを図った。

 シンポでは、12年ロンドン五輪サッカー女子銀メダリストの安藤梢選手と、ロンドン・パラリンピックに出場した…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです