メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

外国人選手への対応巡りシンポ 選手招き /栃木

五輪やパラリンピックでの経験を話す増渕倫巳選手(左)と安藤梢選手=宇都宮市本町の県総合文化センターで

 2020年東京五輪・パラリンピックで、ハンガリーのホストタウンとして登録された県は、宇都宮市本町の県総合文化センターで、「スポーツと文化で結ぶ ハンガリーととちぎ」と題してシンポジウムを開いた。同国の陸上チームが宇都宮市で予定する事前キャンプなどに向けて機運の盛り上げを図った。

 シンポでは、12年ロンドン五輪サッカー女子銀メダリストの安藤梢選手と、ロンドン・パラリンピックに出場した…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです