メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

外国人選手への対応巡りシンポ 選手招き /栃木

五輪やパラリンピックでの経験を話す増渕倫巳選手(左)と安藤梢選手=宇都宮市本町の県総合文化センターで

 2020年東京五輪・パラリンピックで、ハンガリーのホストタウンとして登録された県は、宇都宮市本町の県総合文化センターで、「スポーツと文化で結ぶ ハンガリーととちぎ」と題してシンポジウムを開いた。同国の陸上チームが宇都宮市で予定する事前キャンプなどに向けて機運の盛り上げを図った。

 シンポでは、12年ロンドン五輪サッカー女子銀メダリストの安藤梢選手と、ロンドン・パラリンピックに出場した…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]