メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

五輪外交戦 米朝対話、実現せず 韓国の思惑、空振り

入場行進する韓国と北朝鮮の選手団に手を振る北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長(上段左)と金与正朝鮮労働党第1副部長(同右)、韓国の文在寅大統領(下段左)=平昌五輪スタジアムで9日、ロイター

 南北融和と平和祭典がアピールされた平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、与正(ヨジョン)氏も参加し、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と握手した。与正氏は米国制裁の資産凍結対象者だが、韓国メディアは密着取材の「与正フィーバー」で迎えた。日米両首脳は日米韓3国の連携をアピールし、北朝鮮主導のほほ笑み外交をけん制。五輪を舞台に外交戦が繰り広げられた。

 9日午後2時過ぎ、仁川(インチョン)空港の儀典室に北朝鮮の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委…

この記事は有料記事です。

残り2073文字(全文2325文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]