メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

五輪外交戦 米朝対話、実現せず 韓国の思惑、空振り

入場行進する韓国と北朝鮮の選手団に手を振る北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長(上段左)と金与正朝鮮労働党第1副部長(同右)、韓国の文在寅大統領(下段左)=平昌五輪スタジアムで9日、ロイター

 南北融和と平和祭典がアピールされた平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、与正(ヨジョン)氏も参加し、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と握手した。与正氏は米国制裁の資産凍結対象者だが、韓国メディアは密着取材の「与正フィーバー」で迎えた。日米両首脳は日米韓3国の連携をアピールし、北朝鮮主導のほほ笑み外交をけん制。五輪を舞台に外交戦が繰り広げられた。

 9日午後2時過ぎ、仁川(インチョン)空港の儀典室に北朝鮮の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委…

この記事は有料記事です。

残り2073文字(全文2325文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです