メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 団体 宇野、SP100点超え 前半2種目、日本3位

団体の男子SPで1位となった宇野=手塚耕一郎撮影

 団体は前半2種目を行い、日本は順位点13点で3位発進した。男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が全10チーム中唯一の100点台でトップに立ち、順位点10点を獲得。ペアSPでは須崎海羽、木原龍一組(木下グループ)が自己ベストの57・42点で8位となり3点を得た。残り2種目の女子SPとアイスダンス・ショートダンスは11日に行われ、上位5チームがフリーに進出する。

この記事は有料記事です。

残り2057文字(全文2248文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです