メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

開会式 8度目の五輪、旗手・葛西紀明 誓う、家族と歓喜 貧困支えた、天国の母よ妹よ

開会式で入場行進する日本選手団の旗手・葛西=平昌五輪スタジアムで9日、宮間俊樹撮影

 【平昌・江連能弘、神足俊輔】9日開幕した平昌冬季五輪の開会式で、五輪史上最多となる8回目の出場を果たしたノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(45)=土屋ホーム=が旗手を務め、日本選手団を先導した。笑顔でスタンドに手を振りながら日本国旗を高々と掲げた「レジェンド」は、初めて五輪会場を訪れる家族の前で、空を舞う。

 葛西が長く競技を続けられている原点は、北海道下川町で過ごした少年時代にある。「米も買えなかった」と…

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1669文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです