メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

開会式 願う、南北の統一 「共に行こう」懐疑の声も 合同行進、意見さまざま

開会式で統一旗を振って入場行進する「コリア」選手団=平昌五輪スタジアムで9日午後9時13分、佐々木順一撮影

 【平昌・福岡静哉、神足俊輔】9日開幕した韓国初の冬季大会の平昌五輪。統一旗を掲げ、合同チームとして入場行進した韓国と北朝鮮の「コリア」には、スタンドから大歓声が上がった。歓迎されたかに見える北朝鮮だったが、スタジアムを訪れた観客からはさまざまな声が聞かれた。

 コリアは韓国側がボブスレー男子で地元の江原道(カンウォンド)庁に勤めるウォン・ユンジョン、北朝鮮側がアイスホッケー女子南北合同チームのファン・チュングムが旗手を務めた。入場時には朝鮮半島の民謡「アリラン」が流れ、多くの観客が立ち上がって手を振る中、選手たちも統一旗の小旗を振って声援に応えた。

 大田(テジョン)市から来た会社員、朴喜雄(パクヒウン)さん(55)は「南北選手が統一旗を手に行進す…

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1494文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]