メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

開会式 聖火の点火者はキム・ヨナさん

<平昌五輪>開会式で聖火をアイスホッケー女子南北合同チーム「コリア」の選手から受け取る最終走者の金妍児(キム・ヨナ)さん(手前)=韓国・平昌五輪スタジアムで2018年2月9日、手塚耕一郎撮影

 平昌五輪の開会式で、聖火の点火者は大方の予想通り、フィギュアスケート女子で活躍した金妍児(キム・ヨナ)さんだった。2010年バンクーバー五輪で金メダル、14年ソチ五輪でも銀メダルを獲得し、今回の大会では広報大使を務める国民的ヒロインは、白のワンピース姿で登場。観客席の最上部、聖火台の下に張られた氷…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  3. 重過失致死 乳児死亡、父はゲーム 浴槽放置「自由な時間確保」 容疑で書類送検 埼玉
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 非常事態宣言で「一石二鳥」狙い トランプ氏、政府再閉鎖の回避と支持層アピール

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです