メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

開会式 聖火の点火者はキム・ヨナさん

<平昌五輪>開会式で聖火をアイスホッケー女子南北合同チーム「コリア」の選手から受け取る最終走者の金妍児(キム・ヨナ)さん(手前)=韓国・平昌五輪スタジアムで2018年2月9日、手塚耕一郎撮影

 平昌五輪の開会式で、聖火の点火者は大方の予想通り、フィギュアスケート女子で活躍した金妍児(キム・ヨナ)さんだった。2010年バンクーバー五輪で金メダル、14年ソチ五輪でも銀メダルを獲得し、今回の大会では広報大使を務める国民的ヒロインは、白のワンピース姿で登場。観客席の最上部、聖火台の下に張られた氷の上でスケート靴を履いて華麗に舞った後、トーチを受け取って点火すると、火は渦を巻くように上昇して聖火台にともった。

 韓国国内で101日間にわたってリレーされた聖火は、開会式会場に入ると女子ゴルフの朴仁妃、サッカー元韓国代表の安貞桓(アン・ジョンファン)さん、女子アイスホッケー合同チームを結成した韓国の朴ジョンアと北朝鮮のチョン・スヒョンへとトーチがつながれ、金さんに2選手から引き継がれた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  3. 2歳児不明 150人態勢で捜索再開 山口・周防大島
  4. 東京都中野区 中野サンプラザの解体計画、地元「政権交代」でどうなる? 貴重な規模のホール
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです