メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
平昌五輪2018

高木美、メダル逃す スケート女子3000

スピードスケート女子3000メートルを滑り終えた高木美帆=韓国・江陵オーバルで2018年2月10日、手塚耕一郎撮影

 【平昌(ピョンチャン)・岩壁峻】平昌冬季五輪第2日の10日は競技が本格的に始まった。スピードスケート女子3000メートルで、今季のワールドカップの同種目で初勝利を挙げ、今大会の日本勢メダル1号と期待された高木美帆(23)=日体大助手=は4分1秒35の5位だった高崎健康福祉大=は8位入賞した。

 アイスホッケー女子は五輪初勝利を目指す…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文368文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです