メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

ショートトラック 女子3000リレー、順位決定戦へ

 (第2日)

 女子3000メートルリレー予選で斎藤仁美(オーエンス)、菊池純礼(トヨタ自動車)、伊藤亜由子(同)、菊池悠希(ANA)の日本は2組で4着となり、決勝進出を逃し、5~8位決定戦に回った。女子500メートル予選も菊池純が3組4着で準々決勝に進めなかった。

 男子1500メートル予選で日本勢は準決勝進出を逃した。吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)が4組で失格し、横山大希(トヨタ自動車)が1組4着、渡辺啓太(阪南大職)が5組4着で敗退した。チェ・ウンソン(北朝鮮)は3組6着。優勝は韓国の林孝峻で、開催国として今大会のメダル第1号に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1335文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです