メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 団体 宮原68.95 日本5位

フィギュア団体の女子SPで演技する宮原=手塚耕一郎撮影

 (第2、3日)

 団体は3種目があり、上位5チームで争われたフリーのペアで日本は須崎海羽、木原龍一組(木下グループ)が97・67点で5位に終わり、12日の男女、アイスダンスのフリー3種目を残し、順位点合計32点で5位。首位は45点のカナダ。日本はアイスダンス・ショートダンス(SD)の村元哉中、クリス・リード組(木下グループ)が62・15点で5位、女子ショートプログラム(SP)の宮原知子(関大)は68・95点で4位に入り、前半は10チーム中4位でフリーに進んだ。

 女子SPではOAR(ロシアからの五輪選手)で世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワが81・…

この記事は有料記事です。

残り1798文字(全文2080文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  3. 女子テニス 「今、疲れてる」凱旋試合の優勝阻まれた大坂
  4. 日テレ系列 広島テレビなど放送中断 中継回線の不具合
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです