メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピードスケート 男子500記録会 加藤、復調の手応え

 スピードスケート男子500メートルの記録会が12日、競技会場の江陵オーバルであり、五輪4大会連続出場の加藤条治(博慈会)は35秒10をマークした。初出場の長谷川翼(日本電産サンキョー)は34秒76の好タイム。2大会連続出場の山中大地(電算)は35秒28だった。男子500メートルのレースは19日に行われる。

 昨年末の代表選考会、1月中旬の壮行タイムトライアルとレースをこなしてきた加藤は4日に韓国入り。「疲…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです