メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピードスケート 男子500記録会 加藤、復調の手応え

 スピードスケート男子500メートルの記録会が12日、競技会場の江陵オーバルであり、五輪4大会連続出場の加藤条治(博慈会)は35秒10をマークした。初出場の長谷川翼(日本電産サンキョー)は34秒76の好タイム。2大会連続出場の山中大地(電算)は35秒28だった。男子500メートルのレースは19日に行われる。

 昨年末の代表選考会、1月中旬の壮行タイムトライアルとレースをこなしてきた加藤は4日に韓国入り。「疲…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 山崎製パン「北海道チーズ蒸しケーキ」と「北海道チーズ蒸しケーキmini」を自主回収 金属片混入の恐れ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです