メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピードスケート 男子500記録会 加藤、復調の手応え

 スピードスケート男子500メートルの記録会が12日、競技会場の江陵オーバルであり、五輪4大会連続出場の加藤条治(博慈会)は35秒10をマークした。初出場の長谷川翼(日本電産サンキョー)は34秒76の好タイム。2大会連続出場の山中大地(電算)は35秒28だった。男子500メートルのレースは19日に行われる。

 昨年末の代表選考会、1月中旬の壮行タイムトライアルとレースをこなしてきた加藤は4日に韓国入り。「疲…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです