メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スノーボード 女子ハーフパイプ 松本、冨田決勝へ

 (第4日)

 24人が参加した女子ハーフパイプ(HP)予選が行われ、昨年の世界選手権2位の松本遥奈(クルーズ)が3位、18歳の冨田せな(新潟・開志国際高)が7位に入り、上位12人が出場する13日の決勝進出を決めた。

 今井胡桃(バートン)は15位、大江光(バートン)は17位で敗退した。

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文261文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです