メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

複合 個人ノーマルヒル 渡部暁、王者に肉薄 一騎打ち、充実の銀

複合個人ノーマルヒルの前半飛躍で3位につけた渡部暁斗=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月14日、宮間俊樹撮影

 (第6日)

 個人ノーマルヒルで渡部暁斗(北野建設)が2大会連続の銀メダル。前半飛躍(ヒルサイズ=HS109メートル)で105・5メートルの123・7点で3位につけた。首位と28秒差でスタートした後半距離(10キロ)では優勝争いを演じたが、終盤のスプリント勝負で敗れた。エリック・フレンツェル(ドイツ)が五輪2連覇。

 渡部善斗(北野建設)は12位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は14位、山元豪(ダイチ)は33位だった。

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1604文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  4. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  5. 尼崎 「学校だより」に他校記事 中学校長が無断転載

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです