メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

複合 個人ノーマルヒル 渡部暁、王者に肉薄 一騎打ち、充実の銀

複合個人ノーマルヒルの前半飛躍で3位につけた渡部暁斗=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月14日、宮間俊樹撮影

 (第6日)

 個人ノーマルヒルで渡部暁斗(北野建設)が2大会連続の銀メダル。前半飛躍(ヒルサイズ=HS109メートル)で105・5メートルの123・7点で3位につけた。首位と28秒差でスタートした後半距離(10キロ)では優勝争いを演じたが、終盤のスプリント勝負で敗れた。エリック・フレンツェル(ドイツ)が五輪2連覇。

 渡部善斗(北野建設)は12位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は14位、山元豪(ダイチ)は33位だった。

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け
  3. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです