メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

高梨「布団で寝たい」 原「メダル重い」 「銅」2人もスマイル帰国

韓国から帰国し銅メダルを手に写真撮影に応じるノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅=羽田空港で2018年2月14日午後3時20分、西本勝撮影

 平昌冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ女子とフリースタイルスキー男子モーグルの計8選手が14日、帰国した。

 ジャンプ女子で銅メダルを獲得した高梨沙羅(クラレ)は「たくさんの人たちに支えてもらって取れた銅メダル」と改めて喜びを口にした。

 スマートフォンを向けるなどして待ち受けた多くのファンやひしめき合う報道陣の出迎えを受けた高梨。到着ロビーに姿をみせると、一瞬戸惑いの表情を浮かべたが、すぐに「ありがとうございます」とお辞儀をして控えめに手を振りながら通路を通り抜けた。

 試合後も帰国の準備などで寝る時間がなく、帰国便の機内で深い眠りに入ったといい、「今日こそ、暖かい布…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文951文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです