メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

羽生ファン聖地 弓弦羽神社に絵馬続々

羽生結弦選手の活躍を願う絵馬が多数奉納された弓弦羽神社=神戸市東灘区で2018年2月14日、川平愛撮影(画像の一部を加工しています)

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇の期待がかかる羽生結弦(23)=ANA。名前が似ていることからファンの間で「聖地」となっている弓弦羽(ゆづるは)神社(神戸市東灘区)には多くのファンが訪れ、「けがを乗り越え金メダルを」などの応援メッセージを記した絵馬を奉納し、その数は1000枚を超えた。16日のショートプログラム(SP)を目前に控え、けがからの復活を祈るファンの「神頼み」の思いは、日ごとに大きくなっている。

 「羽生選手のファンが参拝しない日はありません」。沢田政泰宮司(64)は表情を緩ませる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです