メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪フィギュア

独ペア、34歳サブチェンコ悲願の金狙う

ペアSPで演技するサブチェンコ、マソ組=江陵アイスアリーナで2018年2月14日、ロイター

 フィギュアスケートのペアの五輪王者が15日のフリーで決まる。今季のグランプリ(GP)ファイナルを制したドイツペアの女子選手、アリョーナ・サブチェンコは5度目の五輪だが、2014年ソチ五輪後に組んだパートナーとは初めて臨む大会となる。前回、前々回は金メダルのチャンスがありながら、頂点を逃した。34歳となり、悲願の金メダルを狙う。

 現在のパートナーはフランス出身のブルーノ・マソ。14年春に結成したが、国際大会に出場できるまでに約…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文987文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです