メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・平昌の主役たち:Vol.08 フィギュアスケート男子 4回転時代 王者の戦い

Features・平昌の主役たち

Vol.08 フィギュアスケート男子 4回転時代 王者の戦い

 <フィーチャーズ>

 (ショートプログラム 16日午前10時~)

 フィギュアスケート男子が16日に始まる。この4年間の4回転ジャンプを巡る進化は著しい。史上最高レベルの勝負になるはずだ。

 ショートプログラム(SP)、フリーの合計の世界歴代最高得点は、羽生結弦(ANA)が2015年12月のグランプリ(GP)ファイナルで出した330・43点。SPでトーループ、サルコウの2種類の4回転に成功。フリーでもこの2種類で計3本を決めた。

 羽生はその2週間前のNHK杯で、史上初めてフリーで200点、合計で300点の大台を突破したばかりだ…

この記事は有料記事です。

残り1451文字(全文1715文字)