メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解雪・氷論

平昌五輪2018 小平、序盤200に硬さ

 <解雪(かいせつ)・氷論(ひょうろん)>

 女子1000メートルで銀メダルの小平も、銅メダルの高木美も1分13秒台後半で滑った。平昌は標高約40メートルで空気密度が高く、空気抵抗が大きいため、好タイムが出にくい低地リンクだが、2人とも自己ベスト級のタイムをたたき出した。よくやった、と思う。

 しかし、金メダルを獲得したテルモルス(オランダ)の速さは驚異的だった。標高1000メートルを超えるソルトレークシティー(米国)での2002年大会で、クリス・ウィッティ(米国)がマークした五輪…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです