メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・平昌の主役たち:Vol.09 ショートトラック男子 吉永一貴 サラブレッド、復権への挑戦

全日本ショートトラックスピードスケート選手権の男子1500メートルで、2位になった吉永一貴=日本ガイシプラザで2017年12月16日、佐々木順一撮影

Features・平昌の主役たち

Vol.09 ショートトラック男子 吉永一貴 サラブレッド、復権への挑戦

 <フィーチャーズ>

 (17日午後7時44分~)

 かつては「お家芸」とも称された日本のスピードスケート・ショートトラック。だが1998年の長野五輪を最後にメダルがない。「弱い日本とは思われたくない。強さを証明したい。そう心の底から思っている」。男子でショートトラック史上最年少の代表として出場中の高校3年生が、復権を目指す。

 母美佳さん(58)は世界選手権総合2位の実績があり、妹で吉永の叔母にあたる加藤美善さん(55)は世…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1455文字)