メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

ジャンプ 男子ラージヒル 小林陵3位、本戦へ 葛西は22位

スキージャンプ男子ラージヒル予選の小林陵侑の飛躍=宮間俊樹撮影

 (第8日)

 男子個人ラージヒル(ヒルサイズ=HS142メートル)の予選があり、日本勢は4人全員が17日の本戦に進んだ。ノーマルヒル7位入賞の小林陵侑(土屋ホーム)が最長不倒の143・5メートルで日本勢トップの3位。冬季五輪史上最多8大会連続出場の葛西紀明(同)は22位、竹内択(北野建設)は27位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は37位だった。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文530文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです