メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・平昌の主役たち:Vol.10 スピードスケート女子500メートル 小平奈緒 怒った猫の女王道

札幌冬季アジア大会の女子1000メートルで優勝した小平奈緒の滑り=北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで2017年2月20日、手塚耕一郎撮影

Features・平昌の主役たち

Vol.10 スピードスケート女子500メートル 小平奈緒 怒った猫の女王道

 <フィーチャーズ>

 (18日午後8時56分~)

 女子500メートルでの連勝記録はワールドカップ(W杯)で15、国内のレースを加えれば24に伸びた。無敗ロードを猛進する31歳は、18日の500メートルを制して初めて真の「女王」の称号を得る。

 2014年ソチ五輪で500メートルは5位。大会後にソチのスピードスケートで23個のメダルを獲得したオランダに拠点を移した。同国代表で1998年長野五輪2冠のマリアンヌ・ティメル氏がコーチのチームに加わり、14~15年シーズンは500メートルで初のW杯総合優勝を果たすなど、いきなり結果を残した。

 現在までの飛躍の要因はどうしてもオランダにばかり求めてしまうが、その後の苦難が成長を促した。「食事…

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1477文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン