メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
平昌五輪2018

ジャンプ 男子ラージヒル 葛西、姉と亡き母・妹が見守った飛躍

葛西紀明を応戦する姉紀子さん(左から2人目)=アルペンシア・ジャンプセンターで17日、神足俊輔撮影

 【平昌・神足俊輔】平昌冬季五輪で17日あったノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒルを、葛西紀明(45)=土屋ホーム=の姉紀子さん(48)が観戦した。8度目の五輪となる「レジェンド」の飛躍を紀子さんが五輪の舞台で見るのは初めて。

 紀子さんは、火事に巻き込まれた影響で亡くなった母幸子さん、難病の闘病生活の末に病死した妹久美子さん…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  3. 天皇在位30年式典、共産党は不参加
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです