メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピード女子、追い抜き好発進

女子団体追い抜き1回戦で滑走する(手前から)高木美帆、佐藤綾乃、高木菜那=江陵オーバルで2018年2月19日、佐々木順一撮影

 【平昌(ピョンチャン)・岩壁峻】平昌冬季五輪第11日の19日は、スピードスケート女子団体追い抜きがあり、1500メートル銀、1000メートル銅メダルの高木美帆(23)=日体大助手=ら3人で臨んだ日本は1回戦を突破し、準決勝進出を決めた。21日の準決勝ではカナダと対戦。男子500メートルは山中大地(27)=電算=の5位が日本勢最高。2010年バンクーバー五輪銅メダルの加藤条治(33)=博慈会=は6位…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです