メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピード 女子団体追い抜き 日本、2位で準決へ

女子団体追い抜き予選で滑走する(右から)高木美帆、佐藤綾乃、高木菜那=江陵オーバルで2018年2月19日、佐々木順一撮影

 (第10、11日)

 女子団体追い抜き1回戦で高木美帆(日体大助手)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、高木菜那(日本電産サンキョー)の日本は2分56秒09の2位で、上位4チームによる21日の準決勝に進んだ。

 準決勝では3位のカナダと対戦する。トップは五輪新記録の2分55秒61を出したオランダ。

中国にヒヤリ 最後は大差

 ワールドカップ(W杯)今季出場全3戦で世界記録を更新し続けた日本は、ひやりとさせたが、まずは2位のタイムで1回戦を突破した。

 今大会で二つのメダルを手にしている高木美と、佐藤、高木菜の布陣は、W杯で多くレースをこなしている。…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文720文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  4. 迫撃砲着弾 道路の舗装めくれ「命の危険感じた」
  5. 陸上自衛隊 国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです