メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 女子SP 連発、自己新の舞 宮原4位、坂本5位

女子SPで4位につけた宮原知子=江陵アイスアリーナで2018年2月21日、佐々木順一撮影

 (第13日)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、ともに初出場の日本勢は宮原知子(関大)が自己最高を塗り替える75・94点で4位、17歳の坂本花織(シスメックス)も自己ベストの73・18点で5位につけた。

 今季のグランプリ(GP)ファイナルを制した15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシアからの五輪選手=OAR)が82・92点の世界歴代最高でトップ。18歳で世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が81・61点で2位。昨季世界選手権2位のケイトリン・オズモンド(カナダ)が自己ベストの78・87点で3位だった。30人中上位24人が23日のフリーに進んだ。

この記事は有料記事です。

残り2571文字(全文2857文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです