メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 女子SP 連発、自己新の舞 宮原4位、坂本5位

女子SPで4位につけた宮原知子=江陵アイスアリーナで2018年2月21日、佐々木順一撮影

 (第13日)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、ともに初出場の日本勢は宮原知子(関大)が自己最高を塗り替える75・94点で4位、17歳の坂本花織(シスメックス)も自己ベストの73・18点で5位につけた。

 今季のグランプリ(GP)ファイナルを制した15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシアからの五輪選手=OAR)が82・92点の世界歴代最高でトップ。18歳で世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が81・61点で2位。昨季世界選手権2位のケイトリン・オズモンド(カナダ)が自己ベストの78・87点で3位だった。30人中上位24人が23日のフリーに進んだ。

この記事は有料記事です。

残り2571文字(全文2857文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです