メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スケート

日本、女子追い抜きで金 冬季最多11個目

女子団体追い抜き決勝でオランダに勝利し喜ぶ(右奥から)高木菜那、高木美帆、佐藤綾乃=江陵オーバルで2018年2月21日、宮間俊樹撮影

 【平昌(ピョンチャン)・岩壁峻】平昌冬季五輪第13日の21日、スピードスケート女子団体追い抜きで、高木美帆(日体大助手)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、高木菜那(日本電産サンキョー)の日本は、2分53秒89の五輪新記録でオランダとを降して、金メダルに輝いた。日本勢今大会11個目(金3、銀5、銅3)のメダルで、1998年長野大会の10個(金5、銀1、銅4)を上回り、冬季五輪史上最多になった。

 高木美は1500メートルの銀、1000メートルの銅に続くメダル。冬季五輪の1大会で3個のメダルを獲得するのは、長野大会金2個、銀1個のノルディックスキー・ジャンプの船木和喜以来、日本選手で2人目。

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]