メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スノーボード パラレル大回転 竹内、予選6位通過 リベンジへ、最後まで楽しむ

スノーボード女子パラレル大回転予選1回目を滑る竹内智香=フェニックス・スノーパークで2018年2月24日、山崎一輝撮影

 あと一歩のところで金メダルを逃した4年前の雪辱を期した舞台。「必要な準備を行い、必ず欲しい結果を手に入れられると信じている」と話していた竹内が、きっちり決勝に駒を進めた。

 二つのコースを1回ずつ滑り、合計タイムを争う予選。赤コースを滑った1回目、スタート直後にややターンが膨らんだものの、そこから加速。45秒00で4位につけた。青コースに移った2回目は緩斜面に入るところで手を焼いて47秒86とやや遅れたが、合計で全体6位。竹内は「硬いけどグリップが利く雪質。滑りやすい」と手応えを口にした。

 常に前向きな竹内が、1月は落ち込んだ。ワールドカップ(W杯)5試合に出場したが最高で14位。12月…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文856文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです