メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 女子 ザギトワ、15歳の戴冠 宮原、わたし色出せた(その1) 連続技、失敗でも挽回

優勝したザギトワのフリーの演技=江陵アイスアリーナで2018年2月23日、佐々木順一撮影

 (第15日)

 女子フリーで、ショートプログラム(SP)4位だった宮原知子(関大)は自己最高の146・44点を記録。合計でもこれまでの自己ベストを4・05点更新する222・38点で4位に入った。坂本花織(シスメックス)は合計209・71点で、SPから順位を一つ落として6位だった。

 SP首位のアリーナ・ザギトワ(ロシアからの五輪選手=OAR)は、フリー2位で合計239・57点とし、OARに今大会初の金メダルをもたらす優勝。2位はエフゲニア・メドベージェワ(同)、3位にはケイトリン・オズモンド(カナダ)が入った。ソチ五輪銅のカロリナ・コストナー(イタリア)は5位だった。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1460文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  4. ORICON NEWS Janne Da Arc解散にyasuが心境 現在もリハビリ「焦らずやらせてください」
  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです