メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピード 男子1000 小田、結実の5位

男子1000メートルで滑走する小田卓朗=江陵オーバルで2018年2月23日、佐々木順一撮影

 (第15日)

 日本記録保持者の小田卓朗(開発計画研究所)が1分8秒568で5位入賞。この種目での日本勢の入賞は、1998年長野五輪で銅メダルを獲得した清水宏保以来。長谷川翼(日本電産サンキョー)が1分9秒83で20位、山中大地(電算)は1分10秒027で24位だった。ナウシュ(オランダ)が1分7秒95をマークし、1500メートルに続いて金メダルを獲得した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 選管職員の死亡者が250人超に インドネシア大統領選

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです