メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア女子 宮原4位、坂本6位 カーリング女子は決勝逃す

カーリング女子【日本-韓国】延長第11エンドの末、韓国に敗れて引きあげる藤沢五月(右から2人目)ら日本代表の選手たち=韓国・江陵カーリングセンターで2018年2月23日、宮間俊樹撮影

 【平昌(ピョンチャン)・福田智沙】平昌冬季五輪は第15日の23日、フィギュアスケートは女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)4位の宮原知子(19)=関大=が、自己ベストの合計222・38点で4位。SP5位の坂本花織(17)=シスメックス=は209・71点で6位だった。15歳のアリーナ・ザギトワが239・57点で「ロシアからの五輪選手(OAR)」勢では今大会初の金メダルを獲得。同じOARで世界選手権2連覇の18歳、エフゲニア・メドベージェワは2位だった。

 カーリングの女子準決勝で日本勢初の4強進出を果たしたLS北見は延長戦の末に韓国に7-8で敗れた。こ…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文976文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです