メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スノーボード

リベンジへ強い気持ちで 竹内予選通過

スノーボード女子パラレル大回転予選2回目を滑る竹内智香=フェニックス・スノーパークで2018年2月24日、山崎一輝撮影

 平昌五輪のスノーボードのパラレル大回転の男女予選があった。女子は前回ソチ冬季五輪銀メダリストで5大会連続出場の竹内智香(広島ガス)は2回の合計タイム1分32秒86の6位で決勝トーナメントに進出した。今大会のアルペンスキー女子スーパー大回転に続いて五輪史上では異例の2種目同時金メダルを狙うエステル・レデツカ(チェコ)は1分28秒90の1位で通過した。

 男子の予選は31歳の斯波正樹(RIZAP)が2回の合計タイム1分26秒91の27位で敗退した。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1093文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです