メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピードスケート女子マススタート、高木菜が金 カーリング女子、銅 日本勢メダル13個

スピードスケート女子マススタートで金メダルを獲得し、日の丸を手に喜ぶ高木菜那=江陵オーバルで24日、佐々木順一撮影

 【平昌(ピョンチャン)・田原和宏】平昌冬季五輪第16日の24日、スピードスケートの新種目、女子マススタート決勝で、団体追い抜き金メダルメンバーの高木菜那(25)=日本電産サンキョー=が金メダルを獲得した。日本女子が同一大会で金を2個獲得するのは夏季を含めて初の快挙。

 カーリング女子で、LS北見の日本は英国との3位決定戦を制し、この競技で日本勢初のメダルとなる銅メダルを獲得した。

 今大会の日本勢のメダルは冬季五輪史上最多を更新する13個(金4、銀5、銅4)になった。大会は25日…

この記事は有料記事です。

残り1707文字(全文1948文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです