メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピード女子マススタート 高木菜、金 カーリング女子、銅 日本勢メダル13個

スピードスケート女子マススタートで優勝し、日の丸を掲げる高木菜那=韓国・江陵オーバルで2018年2月24日、佐々木順一撮影

 【平昌(ピョンチャン)・田原和宏】平昌冬季五輪第16日の24日、スピードスケートの新種目、女子マススタート決勝で、団体追い抜き金メダルメンバーの高木菜那(25)=日本電産サンキョー=が金メダルを獲得した。日本女子が同一大会で金を2個獲得するのは夏季を含めて初。冬季大会では1998年長野五輪で船木和…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです