メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

カーリング女子日本 観察徹底「銅」氷操る

3位決定戦で英国を破り銅メダル獲得を決めて涙を流しながら観客に手を振る藤沢五月(左端)、本橋麻里(右手前)ら日本代表の選手たち=韓国・江陵カーリングセンターで2018年2月24日、宮間俊樹撮影

 ついに念願を果たしたLS北見の日本。接戦に耐えて銅メダルを引き寄せる力となったのは、観察眼を生かして終始徹した「考えるカーリング」だった。

 昨年9月の五輪代表決定戦を制した後、重視したのが氷の状況を把握する「アイスリーディング」だった。氷の状況はエンドごとだけでなく、午前と午後、隣のシート(試合場)で行われる試合の有無などで刻一刻と変化する。司令塔のスキップを担う藤沢五月(26)は、四方を観客席が囲む五輪のような会場では「観客の熱気でも氷が変わる」と説明する。チーム創設者の本橋麻里(31)が奔走して集めた約20社のスポンサーの支援もあり…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです