メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

カーリング女子銅 本橋、後輩の成長に涙 チーム創設者、裏方に徹す

 【平昌・岩壁峻、神足俊輔】平昌冬季五輪は24日、カーリング女子の日本代表・LS北見が3位決定戦に出場し、銅メダルを獲得した。チームを創設した主将の本橋麻里(31)=NTTラーニングシステムズ=は控え選手(リザーブ)として、リンクを上から見渡すコーチボックスで4人のプレーを分析した。出場できないもどかしさを押し殺し、精神的支柱となった本橋。同競技で日本初のメダルに「後輩たちが、すくすくと育ってくれて感謝しかない」と目を潤ませた。

 2006年トリノ、10年バンクーバー五輪に「チーム青森」として出場。「マリリン」の愛称で親しまれ、…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1059文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです